相性チェックなら九星気学!良い関係に近づく可能性もアリ

よく当たります

表

参考までにしましょう

東洋占術でも有名な九星気学ですが、相性の的中率はかなり高いと言われています。九星気学の相性は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白水星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つのタイプがあります。隣同士のタイプとは相性は悪く、一つおきのタイプとは相性が良いと言われています。九星気学は統計学の占術なので、もちろん当てはまらない人もいるかと思いますが、参考までに心に留めておかれると良いと思います。九星気学は結婚の相性に関しては当たると評判で、九星気学で「相性が良い」と言われて結婚した夫婦は離婚率が低いです。星の関係もありますが、おおまかに見て、水星、土星、金星、火星、木星の所で見ますが、水星と金星は「金を水で輝かせる」と言う事で良いと言われていて、反対に水星と火星は「水が火を消す」と言う事で良くないと言われています。相性が良い物はそのままでいいですが、良くない場合は風水を用いてカバーして「良くない物を良い方に変えて行く」事で良い方へ向かせる事ができます。例えば、東の方角に花を置いたり、玄関にフクロウやカエルなど縁起の良い置物を置いたり、インテリアやファブリックも色やデザインにこだわり、良いと言われる方角に使うと良いと言われています。九星気学で悪い結果が出たから「結婚はできない」と諦める必要は全くなく、ちょっと工夫や努力をする事で幸せな毎日を過ごして行けるようになります。あまり深くハマらず参考程度が良いと思います。